目に優しい画面 – ブルーライトを大幅カット!

目に優しい画面

ダウンロード版のご購入
 

製品の特長

パソコンの画面からでるブルーライトを削減するソフトウェアです。パソコン・ディスプレイのカラーマネジメントをソフトウェアで自動調整し、ディスプレイが発するブルーライトを削減します。面倒な設定や器具は不要です。
時間帯に応じてブルーライトの削減率を調整でき、睡眠前の夜間はブルーライトを日中と比較してより大幅に削減する設定もできます。また、読書・プログラミング・映画鑑賞など、目的別の設定も用意しており、メニューから選択するだけで簡単に切り替えることができます。
タイマーモードは、一定の間隔でスクリーンセーバーを表示させることにより、強制的に休憩をさせることができます。例えば、子供がパソコンに熱中しすぎ、気がついたら何時間も画面を見続けていた、というような状況を防げます。

ブルーライトをカットすることにより、パソコンの画面から眼を守り、パソコンをより快適に使うことができる、ブルーライトカットのデジタルフィルターです。

ブルーライトとは

ブルーライトとは可視光線(目に見える光)の中で、最もエネルギーが強い380~500nm(ナノメートル)の青色光です。パソコンやテレビなどから多く発生し、眼の疲れや痛み、生態リズムへの影響などが検証されています。

マウス操作だけで作れる!

なぜ削減できるのか?

ディスプレイから発生する光をプログラム上で制御することにより、バックライトの周波数を変更せずにブルーライトを遮断します。周波数を変更しないため、画面を暗くしてもチラつきが増えないという、画期的な技法を用いています。また、ブルーライトを減らすだけでなく、他の光源も調節して色温度を一定に保つため、画面が黄色くなることを最小限に留めます。
パソコンの利用目的に合わせてブルーライトの削減率を変更したり、時間帯に応じて色温度を自動調整します。

おすすめポイント

○ブルーライトを削減して目に優しい
○時間帯でブルーライト削減率を自動調整
○シーンに合わせて選べる設定を用意
○一定間隔で目を休ませるタイマー機能
○パソコン起動時に自動でON
 
 
 

基本機能

1. 自動設定で面倒な作業は一切不要

難しい調整や操作を行わずに、自動設定でブルーライトを削減します。また、時間帯に応じたブルーライトの削減率も自動で変更します。

2. 目的別の設定パターン

パソコンの利用目的に応じた設定パターンを用意しています。推奨タイプから選択するだけで設定を切り替えることができます。

●健康設定

画面の変色を最小限に抑えてブルーライトと明るさを低減するため、目に優しく快適な状態で利用できます。また、日中と夜間で色温度や明るさが自動で切り替わります。

 日中: 色温度 5000K 明るさ 100%
 夜間: 色温度 3400K 明るさ 80%

※K=ケルビン(ケルビンは色温度の単位。通常の太陽光線は5000~6000K。)

●利用ケース:最も一般的な設定。目の保護を検討する方

●睡眠導入設定

睡眠を誘導するのに有効な設定。ブルーライトとグリーンライトを全て除去します。

●利用ケース:パソコン利用後にすぐ眠りたい方

●読書設定

全ての色を電子ペーパーのように白黒にします。

●利用ケース:
電子書籍やテキストドキュメントを長時間閲覧する方

●プログラミング設定

黒ベースを白、白ベースを黒に反転して表示します。

●利用ケース:
プログラマーの様に、長時間同じ画面を閲覧する方

●バイオリズム自動調整設定

反転した色とブルーライト除去を組み合わせた設定です。
(睡眠誘導設定とプログラミング設定を組合せた設定)

●利用ケース:
催眠誘導設定を更に上回る設定で睡眠を誘導したい方

●映画鑑賞設定

色変更を停止して明るさを120%で表示します。

●利用ケース:
暗いシーンが多い映画やゲームなどでシーンをくっきり見たい方

●オーバーレイ

画面全体に透明なオーバーレイを重ね合わせます。色調整ができないパソコンなどで、本来の色に近づけて表示したい時に使用します。

●利用ケース:
複数モニターを使用している時、メインモニタ以外に「目に優しい画面」が反映されていない場合

3. タイマー設定

長時間連続してPC画面を見ることが無いように、一定の時間でスクリ-ンセーバーを表示させ休憩を取らせることができます。3つのタイマーモードを搭載。

●ノーマル:休憩を抜かす[スキップ]ができる
●シビア:[スキップ]ボタンがついてないため[スキップ]できない
●プロダクティブ:タイマーを表示していつでも切り替えができる

4. ブルーライト設定

日中のブルーライトと夜間のブルーライトの設定を色温度の割合で表示し調整できます。

5. 輝度設定

画面の明るさを日中と夜間で異なる設定に調整できます。輝度を下げても周波数が変わらないため、画面のチラつきは増えません。

6. スクリーン効果

さまざまな種類のスクリーンエフェクトより、多様なケースでどのように表示されるのか確認をすることができます。また、視覚障害(色覚異常)をシミュレートできるエフェクトも収録しています。
・色反転 ・グレースケール1~3 / 反転 ・ウォッシュモード1~3 ・自動反転1~5 ・セピア / 反転 ・グレースケール赤 / 赤反転 ・1型2色覚 (赤色盲) ・1型3色覚(赤色弱) ・2型2色覚(緑色盲) ・2型2色覚(緑色弱) ・3型2色覚(青色盲) ・3型3色覚(青色弱) ・1色覚(全色盲) ・異常3色覚(色弱)

7. カラースキーム

ブルーライトと輝度の値を変更することによる画面表示の変化を制御できます。
4種類のカラースキームから選択可能。
-IRIS(アイリス):計測した光源の色温度に最も近い
-MAGMUS(マグマス):バイオリズムの自動調整をするのに最適
-OLAF(オラフ):ブルーライトを減らし黄色を強く表示
-GROOT(グルート):色温度を気にせずにブルーライトを削除

8. スクリーンオーバーレイ

複数モニターや、Virtual PC上で、低レベルカラーAPIで色調整ができない場合、スクリーンオーバーレイで調整を行います。
【オーバーレイカラー】
グリーン / ターコイズ / ブルー / インディゴ / バイオレット / パープル /
マゼンタ / スカーレット / レッド / オレンジ / イエロー / レモン

その他の便利機能

○マルチディスプレイ対応
○多言語表示設定
(日本語 / 英語 / ロシア語 / スペイン語 / 中国語 / インド語 / アラビア語 / トルコ語 / ポルトガル語 / フランス語 /ドイツ語 / 韓国語 / イタリア語 / ブルガリア語 / ギリシャ / チェコ語)

ブルーライトが与える影響

「過度のブルーライトは目に悪い」ということはよく知られています。ブルーライトが眼の奥にある網膜に届いて、視細胞を疲弊させたり傷つけたりする恐れがあるためです。それが長い間に蓄積されて、加齢性黄斑による視力の低下にもつながると言われています。

ちなみにブルーライトは太陽光にも含まれていますが、太陽光には、眼の疲弊を回復させる赤外線も豊富です。他方、LED照明やパソコン画面から放出される光には、図にある通り赤外線がほとんど含まれていません。だから太陽光やハロゲン照明と違い、パソコン画面からのブルーライトは眼を疲れさせ、様々な障害を起こす原因と考えられています。

夜間にブルーライトを見ると、寝つきが悪くなると言われています。眼の奥にある網膜には、錐体細胞(かんたいさいぼう)と桿体細胞(すいたいさいぼう)の2種類の視細胞があります。錐体細胞は色に敏感で、桿体細胞は明るさに敏感です。桿体細胞は脳の組織「松果体」に明るさを伝え、その情報を基に松果体はメラトニンというホルモンを分泌します。

メラトニンはサーカディアン・リズム、いわゆる体内時計の調整もするホルモンで、外が暗くなるとメラトニンが増えて、体は睡眠の準備に入ります。しかし、ブルーライトが多いとメラトニンが増えず、睡眠の準備が遅れてしまうため、なかなか眠りにつくことができなくなります。

このようにブルーライトが与える影響は、眼だけではなく体内のさまざまな箇所にも及ぼすと考えられています。

ダウンロード版のご購入はこちらから

新規インストール版

目に優しい画面

目に優しい画面
新規版 1ライセンス ダウンロード

通常価格 4,309円(税込)
【Soheiダイレクト特価】 3,980円(税込)
<消費税8%>

購入する

動作環境
 
OS Windows 10、Windows 8.1、Windows 7
※日本語OSのみサポート
※インストール/起動には管理者権限が必要です
※最新のサービスパック適用を推奨
CPU 各OSが推奨するCPU
メモリ 1GB以上
ハードディスク 100MB以上
ディスプレイ 1024×768以上の解像度
その他 インターネット接続環境

  • Microsoft、Windows、Windows 10、Windows 8、Windows 7は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • 記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお本文中では、TM、®マークは明記しておりません。
  • 本品をライセンスされた内容以外の目的で使用することは、法律により固く禁止されています。
  • 画面はすべて開発中のものです。
  • 製品の仕様、パッケージ、価格などは予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。