Diskeeper 18J エディション比較(選び方・主要な効果・搭載機能)

世界最高峰 I/O 最適化技術で物理環境の Windows を高速化「Diskeeper 18J」

  1. エディションの選び方主要な効果
  2. エディション別 搭載機能 比較

Diskeeper 18J エディションの選び方と主要な効果

コンピューターの用途 Windows 標準デフラグツール Diskeeper 15J(3ライセンス) Diskeeper 16J(3ライセンス) Diskeeper 18J(3ライセンス) Diskeeper 18J Professional Diskeeper 18J Server
一般家庭向け PC   ○ ○ ○    
趣味で利用   ○ ○ ○    
個人の高度な活用(写真・ビデオ・デザイン) × ○ ○ ○ ○  
ゲーム用 PC × ○ ○ ○ ○  
大容量データ(写真・ビデオ・音楽)の活用 × ○ ○ ○ ○  
ビジネス用の PC × × × × ○  
商業、公益事業、営利目的の利用   × × ○ ○ ○
ビジネス用のサーバー × × × × × ○
ミッションクリティカルサーバー × × × × × ○
 
主要な効果 Diskeeper 15J(3ライセンス) Diskeeper 16J(3ライセンス) Diskeeper 18J(3ライセンス) Diskeeper 18J Professional Diskeeper 18J Server
直感的なユーザーインターフェース [機能強化] △ △ ○ ○ ○
アプリケーション起動とレスポンスの改善 ○ ○ ○ ○ ○
頻繁にアクセスするファイルをメモリにキャッシュして高速化 × ○ ○ ○ ○
断片化の発生を未然に防止 ○ ○ ○ ○ ○
ハードウェア寿命の最大化 ○ ○ ○ ○ ○
PC のパフォーマンス向上とディスクの高速化 ○ ○ ○ ○ ○
ネットを快適に閲覧 ○ ○ ○ ○ ○
Windows の起動やバックアップを高速化 ○ ○ ○ ○ ○
自動的にリアルタイム最適化 ○ ○ ○ ○ ○
ディスクアクセスの高速化 ○ ○ ○ ○ ○
ディスクアクセス I/O の削減 ○ ○ ○ ○ ○
空き領域の最適化 ○ ○ ○ ○ ○
過度に断片化したファイルに適した処理 ○ ○ ○ ○ ○
1TB 以上の大容量ボリュームに特化した最適化 ○ ○ ○ ○ ○
Diskeeper Administrator による展開/管理/監視の一元化 × × × ○ ○

Diskeeper 18J エディション別 搭載機能 比較

独自テクノロジー Windows 標準デフラグツール Diskeeper 15J(3ライセンス) Diskeeper 16J(3ライセンス) Diskeeper 18J(3ライセンス) Diskeeper 18J Professional Diskeeper 18J Server
IntelliMemory® キャッシュテクノロジー
頻繁にアクセスするファイルをメモリにキャッシュして高速化
× × △
最大2GBまで
△
最大2GBまで
○ ○
IntelliWrite® テクノロジー
断片化の発生を未然に防止
× △ ○ ○ ○ ○
Instant Defrag™ エンジン
断片化を即座にデフラグ
× △ ○ ○ ○ ○
InvisiTasking® テクノロジー
他の処理に影響を与えず最適化
× △ ○ ○ ○ ○
Terabyte Volume Engine テクノロジー

大量のデータを高速に最適化するデフラグエンジン
× ○ ○ ○ ○ ○
高効率モード
ディスク I/O を抑えながら最適化の効果を最大化
× △ ○ ○ ○ ○
空き領域の統合エンジン
空き領域の統合により IntelliWrite と Instant Defrag の効果を最大化
× △ ○ ○ ○ ○
HyperFast® エンジン
SSD に特化した最適化
× ○
標準搭載
○
標準搭載
○
標準搭載
○
標準搭載
○
標準搭載
HyperBoot® テクノロジー
システムの起動時間を短縮
× ○ ○ ○ ○ ×
CogniSAN® テクノロジー
共有ストレージの使用を妨害すること無く最適化
× × × × × ○
領域回復エンジン
シンプロビジョニングを補助
× × × × × ○
 
パフォーマンス Windows 標準デフラグツール Diskeeper 15J(3ライセンス) Diskeeper 16J(3ライセンス) Diskeeper 18J(3ライセンス) Diskeeper 18J Professional Diskeeper 18J Server
インストール時再起動不要 [機能強化]   × × ○ ○ ○
最小のシステムリソース使用 × △ ○ ○ ○ ○
高速な最適化エンジン × ○ ○ ○ ○ ○
綿密な空き領域統合 △
限定的
○ ○ ○ ○ ○
わずかな空き領域での最適化 △
限定的
○ ○ ○ ○ ○
過度に断片化したファイルに適した処理 × △ ○ ○ ○ ○
常に最適化された状態での PC / サーバー稼働 × ○ ○ ○ ○ ○
 
特長 Windows 標準デフラグツール Diskeeper 15J(3ライセンス) Diskeeper 16J(3ライセンス) Diskeeper 18J(3ライセンス) Diskeeper 18J Professional Diskeeper 18J Server
Windows x64 ネイティブ サポート ○ ○ ○ ○ ○ ○
ディレクトリーの統合 × ○ ○ ○ ○ ○
複数パーティション(ボリューム)の同時最適化 × ○ ○ ○ ○ ○
Windows クラスター環境のサポート ×         ○
無制限の最大ボリュームサイズ   ○ ○ ○ ○ ○
USB外付けドライブのサポート ○
SAN ストレージ環境向けの構成           ○
 
管理機能 Windows 標準デフラグツール Diskeeper 15J(3ライセンス) Diskeeper 16J(3ライセンス) Diskeeper 18J(3ライセンス) Diskeeper 18J Professional Diskeeper 18J Server
システム モニター × ○ ○ ○ ○ ○
継続的なレポート × ○ ○ ○ ○ ○
分かりやすいグラフィカル インターフェース [機能強化] × △ △ ○ ○ ○
 
ネットワーク管理 Windows 標準デフラグツール Diskeeper 15J(3ライセンス) Diskeeper 16J(3ライセンス) Diskeeper 18J(3ライセンス) Diskeeper 18J Professional Diskeeper 18J Server
グループポリシーによる管理         ○ ○
IPv6 ネットワークでの管理         ○ ○
Diskeeper 18E Administrator による展開         ○ ○
Diskeeper 18E Administrator による集中管理         ○ ○
Diskeeper 18E Administrator によるネットワーク全体の監視とレポート         ○ ○

※Diskeeper 18 は、USB接続の外付けドライブに対応しておりません。Windows 標準搭載のデフラグ(最適化)をご使用ください。使用手順については、Microsoft社にご確認ください。